スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2016年03月11日

外人部隊125の真実

久々の更新です。

今回は、ナレッジレポーツのご紹介ではなく、並木書房さんから本日出版された
「外人部隊125の真実」です。

この本は、従来の、兵士個人の視点から見た戦場体験や武勇伝が書かれた外人部隊関連の本とは違い、
フランス外人部隊の組織や仕組みを、筆者の体験を下に、125の項目に分けてかかれたものです。

一言で言えば、「外人部隊の募集要項」のような本と言ってもよいでしょう。
入隊から部隊生活、そして除隊後の進路まで含めたマニュアル本です。
これから外人部隊に入隊しようと思う人には最適な本でしょう。

んで、意外な盲点というかなんというか、筆者の合田さんも、本の中で何度も書かれていますが、入隊する前に、最低限、日常会話ができるくらいのフランス語をマスターしておくべきだそうです。

「フランスに行けば、フランス語は何とかなる」というのは幻想に過ぎません。
外人部隊は、あくまで戦闘をする部隊であって、フランス語を学ぶ場所ではありません。
フランス語をマスターしなければ、特殊な技能を修得する課程にも進めず、単なる「雑兵」扱いになってしまうようです。


これは、英語でも、「留学すれば英語がマスターできる」といって、やみくもに留学して、結局、英語が身につかないで帰ってくる日本人が多いのに似ていますね。

ともかく、今までの外人部隊本とは違う本書は、ミリタリーマニアなら一読するべき本だと思います。

http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%96%E4%BA%BA%E9%83%A8%E9%9A%8A125%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F-%E5%90%88%E7%94%B0-%E6%B4%8B%E6%A8%B9/dp/4890633375/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1457648821&sr=8-1&keywords=%E5%A4%96%E4%BA%BA%E9%83%A8%E9%9A%8A#customerReviews  
タグ :外人部隊


Posted by 友清仁  at 08:40Comments(0)書籍案内

2014年06月04日

銃と戦闘の歴史図鑑

去る5月23日に、原書房さんより「銃と戦闘の歴史図鑑」が発売されました。
訳は、ネイビーシールズなどを訳された、角敦子さんです。私も用語監修でお手伝いをさせていただきました。

本の題名が「図鑑」となっていますが、一般的な図鑑のように、辞書のように引くというよりは、第1次大戦から現代に至るまで、どのような銃が、どのように使われたかを解説している、論文のような本です。なので、1ページ目から読んでゆくことができます。
銃と戦闘の移り変わりが良くわかる本です。


画面クリックでamazonへ飛びます



  
タグ :原書房


Posted by 友清仁  at 14:25Comments(1)書籍案内

2014年05月23日

詳説 ドイツ軍の機関銃・自動小銃

詳説 
ドイツ軍の機関銃・自動小銃
 
ベルサイユ条約の厳しい制限下のであっても、ドイツ軍の兵器設計技術者は、兵器を改良することをやめなかった。これは、大戦末期に工場や研究施設が空爆されても変わらなかった。
 
Gew41および42は、構造的な問題を抱えていたが、東部戦線では、狙撃銃としての真価を発揮し、FG42およびStG44は、アサルトライフルという新しい概念を生み出した。
 
その一方で、ドイツ軍は、MG08に代わる新たな機関銃の開発にも取り組み、軽量で中・長距離の攻撃に耐えうる「汎用機関銃」という新しい概念を創造し、MG34およびMG42を開発した。
 
この新しい、革新的な機関銃は、その後の機関銃開発に大きな影響を与えた。 本書は、Gew41/43およびMG34/42を中心に、その開発過程と戦場での運用実態を解説している。










ご購入はこちら同人誌書店コミックZINまで。
購入には、会員登録が必要です。
  


Posted by 友清仁  at 13:06Comments(0)書籍案内

2014年05月23日

American Airborne in Normandy

Airborne in Normandy
ノルマンディーの空挺部隊

危険な任務に投入された空挺兵たちは、決して強制されたのではない。彼らは自ら危険な任務を引き受けたのだ。

ナチス占領下のフランスの闇夜に飛び込む彼らの目的は、ユタ海岸に上陸する陸軍のために、ドイツ軍の後方を撹乱することであった。

本書は、命を懸けた彼らの勇姿とそのとき何がおこったか解説する。

モノクロ134ページ














ご購入はこちら同人誌書店コミックZINまで。
購入には、会員登録が必要です。
  


Posted by 友清仁  at 13:04Comments(0)書籍案内

2014年05月23日

Special Forces in Afghanistan

Special Forces in Afghanistan
アフガン戦争初期の特殊部隊

アフガニスタンの戦争は、500名足らずのアメリカ、イギリスの特殊部隊、およびCIA工作員により「勝利」した。しかも、特殊部隊がアフガニスタンに侵入してから首都カブールを占領するまで、わずか45日しかかからなかった。

この戦争は、少数の特殊部隊が通常軍と戦って勝利した初めての戦いであると言える。もちろん、戦闘に参加したのは、英米の特殊部隊だけではなく、ドイツ、ノルウェー、ニュージーランド、オーストラリアなどの国々も参加した。本書は、その特殊部隊の戦闘・戦術・装備について解説したものである。

モノクロ134ページ









ご購入はこちら同人誌書店コミックZINまで。
購入には、会員登録が必要です。
  


Posted by 友清仁  at 13:03Comments(0)書籍案内

2014年05月23日

スナイパー 理論と実戦 Part2

スナイパー理論と実戦 Part2
今回、特集するスナイパーは、対物狙撃と、都市部・山間部・砂漠地帯におけるサバイバル、スナイパー戦術である。

スナイパーといえば、対人狙撃を行うものと思われているが、実際の戦場では、対物狙撃を行う方が圧倒的に多く、スナイパーは、敵の施設や資産のどの部分を狙撃し、破壊するべきかを熟知していなければならない。

本書により、スナイパーの別の一面を知って頂ければ幸いである。














ご購入はこちら同人誌書店コミックZINまで。
購入には、会員登録が必要です。
  


Posted by 友清仁  at 13:02Comments(0)書籍案内

2014年05月23日

スナイパー 理論と実戦 Part1

スナイパー理論と実戦 Part1
世の中の多くの人々が、スナイパーを「非常に高い精度で射撃できる兵士である」と思っているだろう。

その定義に間違いはないが、スナイパーにとって重要なことは、意外にも、スナイプ(隠匿・偵察)技術であり、射撃術は、その次に来るものである。
どんなに優れた射撃術を持っていたとしても、その技術を使う場所へ行き、使うべき判断ができなければ、宝の持ち腐れである。

スナイパーとは、たった1発の銃弾で、戦局を変えてしまうほどの力を持っている。しかし、その力とは、弾丸の火力ではなく、戦況を分析し、一番効果的な時と場所で撃つ、その分析能力である。
大げさに言えば、1発の銃弾から起こる、将来の膨大な事象を予測できる能力である。

本書は、従来のスナイパー関連の書籍、伝説のスナイパー列伝やスナイパーライフルの解説に終始している従来のスナイパー関連の書籍とは異なり、戦場で、スナイパーたちがどのように行動するのかを解説している。

モノクロ 150ページ










ご購入はこちら同人誌書店コミックZINまで。
購入には、会員登録が必要です。
  


Posted by 友清仁  at 13:02Comments(1)書籍案内

2014年05月23日

CCT/PJ 空軍特殊作戦軍

CCT/PJ 米空軍特殊作戦軍
海軍特殊部隊ネイビーシールズが「ファスト・ロープ」で降下する前に、空軍特殊部隊のCCT は、戦場に降り立ち、赤外線ビーコンを設置する。陸軍75 レンジャー連隊がパラシュート降下する数日前に、彼らは、地上に降り立ち、偵察・監視作戦を開始し、後続の部隊のための航空管制を行う。

彼らの正体は、米国空軍特殊作戦コマンド(AFSOC)の兵士である。

パラレスキューマン、コンバット・コントローラ、および特殊航空機で編成された空軍特殊作戦軍は、アメリカで最も多くの特殊作戦に参加した部隊かもしれない。

彼らは、地上の兵士のヘルメットのマーキングが見えるくらいの超低空をヘリコプターで移動する。AFSOC のガンシップや侵入用特殊航空機を使い、特殊部隊・通常部隊問わず、支援を行う。いかなる任務が課せられようとも、彼らは必ず成功させる。

空軍特殊作戦群の内部はあまり知られていない。彼らは、無名のヒーローであり、誰にも知られず、表彰されることもない。しかし、それこそが彼らの誇りなのだ。

134ページ モノクロ









ご購入はこちら同人誌書店コミックZINまで。
購入には、会員登録が必要です。


  


Posted by 友清仁  at 13:01Comments(0)書籍案内

2014年05月23日

世界標準マシンガン ミニミ

ミリタリーナレッジレポーツVOL1
「世界標準マシンガン ミニミ」

FN社がFN FALライフルの大成功のあとに続いて開発されたのが、FN Minimi(ミニミ)である。

この機関銃は、ソ連が開発していたPKM軽機関銃に対抗するために設計された。1974年に開発されて以来、ミニミは、歩兵支援用火器として最前線で活躍している。

白黒 70ページ














ご購入はこちら同人誌書店コミックZINまで。
購入には、会員登録が必要です。
  


Posted by 友清仁  at 13:00Comments(0)書籍案内