2014年05月23日

American Airborne in Normandy

Airborne in Normandy
ノルマンディーの空挺部隊

危険な任務に投入された空挺兵たちは、決して強制されたのではない。彼らは自ら危険な任務を引き受けたのだ。

ナチス占領下のフランスの闇夜に飛び込む彼らの目的は、ユタ海岸に上陸する陸軍のために、ドイツ軍の後方を撹乱することであった。

本書は、命を懸けた彼らの勇姿とそのとき何がおこったか解説する。

モノクロ134ページ














ご購入はこちら同人誌書店コミックZINまで。
購入には、会員登録が必要です。






同じカテゴリー(書籍案内)の記事画像
外人部隊125の真実
銃と戦闘の歴史図鑑
詳説 ドイツ軍の機関銃・自動小銃
Special Forces in Afghanistan
スナイパー 理論と実戦 Part2
スナイパー 理論と実戦 Part1
同じカテゴリー(書籍案内)の記事
 外人部隊125の真実 (2016-03-11 08:40)
 銃と戦闘の歴史図鑑 (2014-06-04 14:25)
 詳説 ドイツ軍の機関銃・自動小銃 (2014-05-23 13:06)
 Special Forces in Afghanistan (2014-05-23 13:03)
 スナイパー 理論と実戦 Part2 (2014-05-23 13:02)
 スナイパー 理論と実戦 Part1 (2014-05-23 13:02)

Posted by 友清仁  at 13:04 │Comments(0)書籍案内

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。