2014年06月04日

銃と戦闘の歴史図鑑

去る5月23日に、原書房さんより「銃と戦闘の歴史図鑑」が発売されました。
訳は、ネイビーシールズなどを訳された、角敦子さんです。私も用語監修でお手伝いをさせていただきました。

本の題名が「図鑑」となっていますが、一般的な図鑑のように、辞書のように引くというよりは、第1次大戦から現代に至るまで、どのような銃が、どのように使われたかを解説している、論文のような本です。なので、1ページ目から読んでゆくことができます。
銃と戦闘の移り変わりが良くわかる本です。


画面クリックでamazonへ飛びます







タグ :原書房

同じカテゴリー(書籍案内)の記事画像
外人部隊125の真実
詳説 ドイツ軍の機関銃・自動小銃
American Airborne in Normandy
Special Forces in Afghanistan
スナイパー 理論と実戦 Part2
スナイパー 理論と実戦 Part1
同じカテゴリー(書籍案内)の記事
 外人部隊125の真実 (2016-03-11 08:40)
 詳説 ドイツ軍の機関銃・自動小銃 (2014-05-23 13:06)
 American Airborne in Normandy (2014-05-23 13:04)
 Special Forces in Afghanistan (2014-05-23 13:03)
 スナイパー 理論と実戦 Part2 (2014-05-23 13:02)
 スナイパー 理論と実戦 Part1 (2014-05-23 13:02)

Posted by 友清仁  at 14:25 │Comments(1)書籍案内

この記事へのコメント
カテゴリー違いですよ♪
Posted by 通り at 2014年06月21日 11:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。