2014年05月23日

CCT/PJ 空軍特殊作戦軍

CCT/PJ 米空軍特殊作戦軍
海軍特殊部隊ネイビーシールズが「ファスト・ロープ」で降下する前に、空軍特殊部隊のCCT は、戦場に降り立ち、赤外線ビーコンを設置する。陸軍75 レンジャー連隊がパラシュート降下する数日前に、彼らは、地上に降り立ち、偵察・監視作戦を開始し、後続の部隊のための航空管制を行う。

彼らの正体は、米国空軍特殊作戦コマンド(AFSOC)の兵士である。

パラレスキューマン、コンバット・コントローラ、および特殊航空機で編成された空軍特殊作戦軍は、アメリカで最も多くの特殊作戦に参加した部隊かもしれない。

彼らは、地上の兵士のヘルメットのマーキングが見えるくらいの超低空をヘリコプターで移動する。AFSOC のガンシップや侵入用特殊航空機を使い、特殊部隊・通常部隊問わず、支援を行う。いかなる任務が課せられようとも、彼らは必ず成功させる。

空軍特殊作戦群の内部はあまり知られていない。彼らは、無名のヒーローであり、誰にも知られず、表彰されることもない。しかし、それこそが彼らの誇りなのだ。

134ページ モノクロ









ご購入はこちら同人誌書店コミックZINまで。
購入には、会員登録が必要です。








同じカテゴリー(書籍案内)の記事画像
外人部隊125の真実
銃と戦闘の歴史図鑑
詳説 ドイツ軍の機関銃・自動小銃
American Airborne in Normandy
Special Forces in Afghanistan
スナイパー 理論と実戦 Part2
同じカテゴリー(書籍案内)の記事
 外人部隊125の真実 (2016-03-11 08:40)
 銃と戦闘の歴史図鑑 (2014-06-04 14:25)
 詳説 ドイツ軍の機関銃・自動小銃 (2014-05-23 13:06)
 American Airborne in Normandy (2014-05-23 13:04)
 Special Forces in Afghanistan (2014-05-23 13:03)
 スナイパー 理論と実戦 Part2 (2014-05-23 13:02)

Posted by 友清仁  at 13:01 │Comments(0)書籍案内

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。